特徴を知る

歯を白くするためのホワイトニングは年々人気になっています。
綺麗な美しい歯を手に入れることができるホワイトニングではありますが、幾つかの注意点を知っておく必要があるでしょう。
入れ歯や差し歯が多い人、また妊娠中や授乳中の女性、虫歯や重度の歯周病がある人、また体質的にホワイトニングが厳しい人がいます。
興味のある人は事前にしっかりと確認しておきましょう。
また、歯の状態によって効果には個人差があることも理解した上でチャレンジすることも大切です。
治療中には視覚過敏など、副作用のような症状が出る場合もあります。
また治療後は24時間程度喫煙や色がつきやすい飲食(コーヒー、紅茶、日本茶、カレーやチョコレート)などは控える必要があります。

ホワイトニングには大きくわけて3種類の方法があります。
オフィスホワイトニングは診療所内で行う方法で、歯の表面に薬品を塗って光を照射します。
短時間で終了する方法ですが、白さが長期間は持たない可能性があります。
ホームホワイトニングは自宅で行う方法です。
歯科で歯全体をカバーする装置を作ってもらい、毎晩自宅で寝る前にその装置を薬品に浸して口の中に2時間程度はめこむ方法です。
2週間程度、それを続けます。
デュアルホワイトニングはオフィスホワイトニングとホームホワイトニングを平行して行う方法です。
両方を同時進行するので一番効果が得られます。
白い歯を早く手に入れることができる上に長期間白い歯を維持することが可能です。